2017年8月3日木曜日

円形脱毛症

過去の診療で何度かお見かけした円形脱毛症。この症状はいろいろなパターンがあるようだが、今まであまり関心がなく「精神的にツライんだろうな」としか考えていなかった。だがなんと自分自身が円形脱毛症になってしまいました。
左後頭部に100円玉と500円玉の中間ほどの脱毛部分が出来ている。もともと若ハゲで頭髪は薄く坊主頭にしていたのであまり目立つこともなく、怪我をしていると思っている人もいるくらいであまり気にならないのだが(円形ハゲが出来た当初はものすごく気にしていたのだ)明らかに丸く禿げている。実際数ヶ月前に強い精神的・肉体的ストレスを感じていたので「ストレス禿げ?俺がストレス?」と従来の円形ハゲストレス説を何も疑うことなしに考えていた。
妻に見てもらっても「もともとハゲだし大丈夫だよ。そのうち生えるよ。」と全く関心がない。あ〜これだ。私もこの感覚だった。円形脱毛症の患者さんは結構悩んでいたのでしょう。施術士として関心を持たないのは良くないと思いいろいろと調べてみた。

日本皮膚学会円形脱毛症ガイドライン2010というのがある。これに則って円形脱毛症を見てみると、意外や意外、ストレス説は今はあまり推奨されておらず現在はアレルギー説が一般的になっているということ。

アレルギー説? アレルギーで円形脱毛症?

ものすごく要約すると元々アレルギー体質の人がなりやすいらしい。その他、肉体的・精神的ストレスも関わっている。それにより免疫機能が異常をきたし、毛根を攻撃してしまい円形脱毛症が発症してしまう。
というわけで円形脱毛症の患者には「ステロイド局注」や「局所免疫法」が治療の第一選択となる。ステロイドは炎症を抑えたり、免疫機能を抑制する効果がある。これを脱毛部分に直接注射する。これが「ステロイド局注」だ。「局所免疫法」は頭皮の脱毛部分に特殊な薬品を塗布し、わざとかぶれを引き起こす治療法でこの軽いかぶれを繰り返し発生させる事で免疫機能を正常化させる。ここまでは皮膚科の領域。

なるほど。勉強になる。この考え方でいくと「局所免疫法」をお灸でできる。患部にお灸を据えわざとかぶれを引き起こし免疫機能を正常化する。アトピーなどの皮膚アレルギーの症状を抑えるやり方と同じだ。もちろん脊椎の不都合な配列も正常にする必要がある。
という事でお灸による局所療法とカイロプラクティックによる脊椎療法で円形脱毛症が改善するかを自身の体で実験中です。
ちなみに私は昆虫アレルギーです。昆虫のたくさん出る山の麓に住んでるのでアレルギー反応は当然かもしれません。

円形脱毛症は人口の0.1~0.2%発症するという。かなりの数の人が悩んでいるだろう。ほとんどの人は脱毛部分を毛髪で隠しているようだ。現在では円形脱毛症は精神的なものだけでなくアレルギー反応の一つとされている。このような人たちに私たち代替医療者が何かできれば幸いである。


カイロプラクティック・鍼灸 たかはら整体所

2017年7月1日土曜日

足の筋肉の重要性

なんとかホームページのリニューアルを終えてホッとしている。3年間さらなる飛躍を望み修行してきたが、この期間いかに運動不足だったかを痛切に感じる。趣味のカヤックをほぼ封印してきたからだ。ただしスキーは少しやっていた。(というかシーズン中30回は行ってるんで結構やってました。)
車で15分ほどの距離にスキー場があり準備も簡単で早朝の2時間を気晴らしにスキーをしていた。相当気分転換になっていた。

修行期間が終え、この5月に献血をしてその血液データが送られてきた。中性脂肪やコレステロールは高くなっているだろうと思いながら通知を見ていると意外意外、以前とほとんど変わっていない。変わっていないどころかコレステロール値は少し下がっていた。

こんなに運動不足なのになぜ?と自己分析をしてみると。

やはりスキーだ。ほんの早朝の2時間、実際滑っているのは1時間程度だが素晴らしいほどの足の筋肉を使っているようだ。足の筋肉は全身の2/3ほど集まっている。それも大きな筋肉群ばかりだ。
スキーはスピードを制御しながら斜面を滑走していくのでものすごい筋力と筋持久力が必要となる。私のやっているスキーはテレマークスタイルなので更に歩く。ひたすら足の筋肉を使うので筋力が維持され代謝率が上がったようだ。

昨今、ダイエットブーム続いている。無理な筋力トレーニングや食事療法で短期間で美しい肉体を手に入れているようだが、体内では喜ばしい反応は起こっていない。内分泌系が追いついていないのだ。
やはり楽しんでやらなければ相乗効果を得られないと思う。冬のスキーシーズンは学校通いとテスト漬けのストレス生活にかなり刺激的だったようだ。

カイロプラクティック・鍼灸 たかはら整体所

2017年5月27日土曜日

2015年12月16日水曜日

新しいカヤック

僕のじゃないんですが、長年一緒に漕いでいる友人夫婦がカヤックを新しくしまして、先日納品と組み立て講習に付き合って来ました。フェザークラフトのウィスパーEXとカフナ。彼らとのこれからが楽しみです。

2015年3月30日月曜日

春スキー

今シーズンは雪が多かったので滋賀でもまだ滑れます。ベタベタでガタガタな雪面が練習になります。びわ湖バレイは4/5(日)まで滑れますよ。

2015年3月27日金曜日

比良八講

3月26日は古来より近江舞子でおこなわれる比良八講(近畿水源大礼祭)。荒々しい比良颪と重ね合わせて比良八荒とも呼ばれています。「比良八荒、荒れじまい」といい激しく吹き荒ぶ季節風もこの頃には収まり、春の到来です。
比良八講は水難者の回向法要、命の水瓶びわ湖への感謝報恩、水源の山々の保全が本旨となっています。

2015年3月24日火曜日

ロングディスタンス湖上でのストレッチ

1日で長距離を漕ぐとなると筋肉にかかる負荷も相当になります。パドリングでは特に広背筋と前鋸筋に活性酸素と乳酸がたまります。それらがたまると筋線維は伸張しにくくなり筋痙攣いわゆる筋がつるということになって痛くて動かしにくくなります。手首や肘の筋肉も痛くなりますよね。これを防ぐためにはなるべく多くの筋肉を動員して同じ筋肉ばかり使わないということです。普段から筋肉を鍛えること(漕いで鍛えるのが一番いいです。)それといろんな漕ぎ形ができるということ。どれも大事です。

湖面上でのストレッチ。しっかり筋肉を使ってる証拠です。やはり55kmを漕ぐのは並大抵ではないですね。お疲れ様でした。
photo  yoko tanaka